> 
 > 
キャッシングで追加融資をするときの審査

キャッシングで追加融資をするときの審査

キャッシングの魅力は、追加融資によって
お金を借りることが出来る点にあります。
もちろん、追加融資の際には審査をする必要があるのですが、
キャッシングのような少額融資のサービスに関しては追加融資の際に
ある基準が存在している事を知っておかなくてはいけません。
それが少額融資全般の審査の基準にもなっているのです。

総量規制という基準

追加融資の際には、まず所得の証明をしなくてはいけません。
なぜかと言うと、少額融資のサービスには総量規制という規制が
必ず適用されることになるからです。

総量規制というのは、少額融資のサービスを提供するときには、
消費者の得ている年収の三分の一を上限として限度額を設定しなくては
いけないことを定めた規制の事を言います。
つまり、法律によって融資の限度額を決めた規制の事を言うのです。

この規制は、年収さえ存在していればその年収に従って
数万円程度の融資もできる事を意味するのですが、
反面収入が少ないと多くのお金を借りることが出来ないと言う
デメリットも抱えている規制でもあるのです。

所得証明が必要となる

追加融資によってお金を融資してもらうには、
自身が得ている年収がカードローンなどによって既に上限を超えていないかを
きちんと証明しなくてはいけなくなりますので、
そのための書類などを用意する必要があります。

追加融資に関してはどのような会社であっても申請することができますが、
大前提として少額融資には総量規制によって最初から
融資の限度額の基準が存在していると言う事を
知っておかなくてはいけないのです。