> 
 > 
キャッシングの年利(実質年率)について -利息計算とは

キャッシングの年利(実質年率)について -利息計算とは

急にお金が必要になった時などに、
すぐにお金を貸してくれるキャッシングは便利で心強い存在です。
ですが、キャッシングで借り入れた場合、返済時には借入額に対しての利息分を同時に返済する必要があります。
この利息分は金利によって変ってくるわけです。
WEB上に年利計算などの便利ツールもあるのでそのあたり利用するのも
良いと思いますが大枠はルールがあるので説明します。

キャッシングの金利は利息制限法で上限金利が決まっている

現在、そうしたキャッシングの金利は利息制限法によって
上限金利が定められています。

100万円以上なら年15%
10万円以上100万円未満なら年18%
10万円未満なら年20%
となります。

このパーセンテージは金利は1年単位の物で、
年利や実質年率とも呼ばれるものです。
実質年率は保証料や手数料など、
利用の際に必要となる金額すべてを含めた金額とされています。
キャッシングの場合、実際には保証料も手数料も必要としませんので、
実質年率=年利と考えても差し支えありません。

20%の実質年率で10万円を1年間借り入れた場合にかかる利息は
『10万円×20%=2万円』となります。

キャッシングの金利は日割り計算となるので、
1年未満の借り入れならば
『1年間分の利息÷365×借り入れから返済までの日数』
必要な金利となります。

上記の例で30日間借りた場合なら、
『2万円÷365×30日間=1643円』が利息分の金額となります。
こういったことから早く返せば返す程、金利が少なくて済むというわけです。

キャッシングで借りると返済にあたり、毎月元利定額返済か
毎月元金定額返済かを選ばなければいけない事もあるでしょう。

毎月元利定額返済は、毎月、元金と金利を合わせた定額を返済する方法です。
毎月元金定額返済は、毎月、一定の元金と利息を返済していく方法です。

毎月元利返済払い

毎月元利返済払いを選ぶと最初のうちは毎月の返済金額のうち、
金利が占める割合が高くなります。
すると、なかなか元金が減らず、金利が減るのも遅くなります。
最終的に返し終わった時に振り返ると、
最初に考えていた年利より多く支払っていた事になる場合が多いです。

毎月元金定額払い

毎月元金定額払いなら、毎月同じだけ元金が減っていくので、
月々の金利も確実に減って、払い終わった時に振り返ると、
最初に考えていた年利より少なくて済むようになるのです。
ですから選べるのであれば毎月元金定額払いがおすすめです。

キャッシングを利用する際、借りたい金額にそのキャッシング会社の
年利をかけて、大体の金利を計算する人もいるでしょう。
ですが、キャッシングの年利というのは、
借りる日数や、返し方などによって大きく変わってくるものなのです。

キャッシング会社によっては返済シュミレーション等もあるので、
実際にかかる金利を計算してから利用するのもいいかもしれません。