> 
 > 
キャッシングで用いられるリボ払いとは

キャッシングで用いられるリボ払いとは

リボとは一般的にリボルビング払いの事を指す用語で、
キャッシングやローンといった借り入れに対して返済を行う方法の一つです。
キャッシングにおいては一括払いと併用される場合も多くあり、
いかに早く返済しきるかが安く済ませるためのコツとなっています。

リボ払いの特徴

リボ払いの特徴としては、予め指定しておいた金額を
毎月返済していくところにあります。
回数式の分割払いと似た返済方式ではありますが、
借入残高全体に対して返済を行う事で合計残高を
減らしていく点が異なっています。
消費者金融やクレジットカードのキャッシングでも
採用されている返済方法なので、一括払いが困難な場合には
とても有用な候補とされます。

リボ払いの問題点

リボ払いにはいくつかの問題点が指摘されており、
キャッシングの返済でも注意が必要となります。
まず、借入残高分を全て返済しきる前に新たな借り入れを利用した場合でも、
毎月の返済額が上がるような事はありません。

キャッシングの年利についての記事で年利については説明しましたが、
返済額の中には元金と利息分が入っていて、
残高が増えても返済額が変わらないという事は
元金の返済が少ないという事になるので、返済が長引き、支払う利息も
多くります。結果的に返済額はトータルで多くなっていますが、
毎月の返済額が変わらない為、借金をしているという
利用者側の意識が薄れてしまい、無意識のうちに借りすぎの
状況を招く可能性が考えられます。

また、返済の全体額が把握しにくいので、
利息の多さが実感しにくい欠点も存在します。
キャッシングを多用する人は特に要注意で、頻繁な利用によって
借入残高が増加すると返済期間が長くなり、
利息分が大きく膨れ上がる事もあります。

結果的には、指定した返済額だけでは利息部分の返済しかできなくなり、
元金がほとんど減らない状況を招く危険性が高い方法です。
消費者金融のキャッシングにおいて、
多重債務に陥るパターンのほとんどがこの状況であると言われています。

よって現在では、リボ払いによる返済期限の規定を
始めとした対策が行われており、総量規制で定められた
限度額制限の導入によってキャッシングそのものの合計利用金額が
法的に規制されています。その為、キャッシングの使いすぎによって
返済限度を超えるパターンは減りつつありますが、
利用者側で日頃から計画的な利用を心がける事が最も重要です。